FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

ヨガブログ Vol.5

2011.08.26 17:15  ヨガ

こんにちは、AIです。
残暑が残る季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

前回のヨガブログのテーマYAMAについて皆さま、
少しは日常生活で活かして頂けましたでしょうか?

さて9月のテーマは、NIYAMAです。
以前にブログ内でご紹介しました『8支則』というヨガのルール。
その中のNIYAMAについて考えてみましょう。

cf951dc8c32f019b9e62b5bb28357567.jpeg


まずNIYAMAとは・・・道徳やモラル。5つの内面的な正しい行い(自己規律)

①シャウチャ:身体や周囲の環境が清潔であること。飲食物や考えが清らかである事。

②サントーシャ:満足する心を意味する。
今の自分の持っているものの価値を認めそれで満ち足りるための心得。
不平不満を漏らさない態度の事。
今以上に多くを望む前に、今手元にあるもの(新鮮な空気、懐かしい記憶、
身体にいい食べ物、友人、健康な身体、生きる糧となる書物等々)
時間をかけて見つめなおす事が大切。

③タパス:苦行と訳される事が多いが、もともとは「焼く」という意味。
ヨガにおいても日常生活においても、強い決意と火のような気合を胸に抱けという勧め。

④スヴァディヤーヤ:自己を発見するための学びのこと。
常に内省を忘れないこと。研究や自由な学習を通じて、外部の知識を学び続ける事。

⑤イシュバラプラニダーナ:自在神祈念、全知の神の存在を受け入れること。
至高の力は、自分の周りのいたるところに見出されると同時に、自分の内部にもあるので、
こう悟る事で人生にも意義が生まれる。

このブログでは”サントーシャ”について考えてみましょう。

私事ですが現在2歳の息子がいます。魔の2歳児(笑)なんてよく言いますが、
まさしくその通りで毎日奮闘しています。

そんな中、いつも心で思うのがこの『サントーシャ』の精神です。

「子育てをさせていただいている」、という気持ちを大事にしようと心掛けています。
自分自身の置かれている環境に満足できなければ、
どう変化させても不平不満を抱くことになると思います。
つまり自分自身の置かれている環境にいつも感謝の気持ちを忘れない
そういう精神が大切なんだと思います。
実際行動に移すことがなかなか難しいこともありますが、
心にこういう教えがあると少し気持ちが楽になります。

ヨガ哲学には正解はありません。皆さまの解釈が正解なのです。
皆さまも是非、この5つの中どれでもいいので自分自身にあてはめてみてくださいね。

ビーキューブのヨガは心も磨きながら身体も整える、そんなレッスンを目指しています。
9月のグループレッスンではこのNIYAMAについて担当インストラクターと
一緒に考えましょう!

レッスンのご予約はこちらから・・・

それでは次回ヨガブログでまたお会いしましょうね!

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

twitter

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。